マインブログ

2021年8月 2日 月曜日

read book 57


こんにちは、院長の今野です。

暑さもより夏らしく、ギラギラ感が増して体調管理に気をつけたい日々。(コロナも収まるドコロか増すばかり・・・)
様々な制約がある中でもやるべき事はやり、生き抜かねばなりません。(親として、経営者として、そして息子として・・・)

よく「なんとかなるさ~」と言いますが、そのセリフを言えるにはそれなりの事や責任を果たしてるからこそ吐ける言葉と思ってます。
それなりの事や責任って当然甘い事でなく、むしろツライ事の方が多いと思うし、そこを乗り越えるからこそ、滲み出るモンであったり、
行動に出たり、何よりそこで自身の言葉が生まれて、初めて人に伝わるモンだと思ってます。

個人的に言葉を非常に大切にしてるので、最近は人の発する言葉でその方の言霊を感じます。そして、それに伴う行動ですよね。(年齢関係なく、生き様ですね)
行動が伴ってないと、言葉に言霊は感じません。仮にいい事を言っても人の言葉だなと聞いてる方は分かるモンです。(想い、熱量が薄い感じ、下手するとニセモノ臭感じます)
ただ、最初は人の言葉を借りるモンであり、借りるのであればどこまでTTP(略さなくても分かりますね笑)に徹するか。(ここに変な計算したら無理かなと)
徹する事は今まで違う事をするのでストレスが生じます。本気で変わりたいなら、出来る事であり真価が問われます。(自身の人生をこんなモンと思ってしまうか)
変われないのは簡単です。結局は現状がいいからな訳で。無傷で、何もしないで現状打破ありえません。マジで嫌なら、怖さに打ち克て、そんなモンに負ける訳がないのが持論です。
何もしないで現状を変えずに不満を言って歳を重ねてくか(残るのは後悔ってヤツです)、
常に目標に向かって傷ついた分、より成長して生き抜くか。(どっちを取るかでホントの仲間や人生も変わって来ます)
そこをしないと、自身の言葉は生まれて来ないし、行動もそれなりになり、自身以上に周りがそこに気づいてると思ってます。
なんで、常に自身を客観的に見る様に心掛けております。(ぶっ飛んでるトコがあるんで)

そひて、だからこそ自身よりも素晴らしい方々と常に接する事で怒られ、激を受けたり常に磨かせて頂いております。(言われる事は有難いです)
また移動時間は本を読んで、少しでも新たな知識、考え方を学ばせて頂いております。(最近は電車でしか時間が取れませんが)
この時間しかないからこそ、メチャクチャ集中するからこそ読解力も我ながら早いと思ってます。(いいモンはすぐアウトプットするので)

ま、〆になってきましたが、今回は私の大好きな伊集院静氏の大好きなシリーズ「大人の流儀10」。タイトルは「ひとりをたのしむ」・・・。
相変わらずの語り口調でユーモアある書き方が私の心の深い部分をさりげなく突いて来て、良い感じで束の間の一人の時間を堪能させてくれます。
今の私の一番求めてる時間かもしれませんね苦笑。だからこそ、今をガンバルって訳ですね!







投稿者 マイン鍼灸整骨院

カテゴリ一覧

カレンダー

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
アクセス


住所
〒191-0043
東京都日野市平山5丁目38−2-101

受付時間
9:00~12:30
15:00~20:00
※土・日曜は 9:00~14:00
定休日
木曜・祝祭日

詳しくはこちら