マインブログ

2017年9月 8日 金曜日

「ビタミンD」は骨の形成や骨粗鬆症予防に必須です!

こんにちは!
スタッフの山川です!

数多くあるビタミンの中でも「ビタミンDという言葉も聞いた事あるのではないでしょうか?

「ビタミンD」の主な役割は骨の形成を助ける事です。
骨を作ると聞けば、「カルシウム」という栄養素を思い浮かべる方も多いと思います。
しかし、カルシウムだけでは不十分なのです。

話が脱線しないようにその理由は次回お話ししますが、ビタミンDが働くと食事から摂取したカルシウムが体内に効率良く吸収されるのです!

ビタミンDは、カルシウムの吸収を助けるだけでなく、古い骨を壊して吸収し、新しい骨を作る事で骨の新陳代謝を高める働きを持っています。

そうする事で、骨が強度を丈夫に保つ事が出来ます!更に、歯を丈夫にもしてくれます。
カルシウムだけでは、丈夫に保てないという事です。

どの栄養素もそうですが、一つの栄養素だけで効率良く働くわけではなく、相性の良い栄養素同士が協力して私たちの身体を作っています。

だから、様々な栄養を一度に摂取した方が吸収も良く、効果も出やすくなります。

気になるのはビタミンDが含まれている食材です。
ビタミンDは魚やきのこ類などに多く含まれています。

具体的な食材は以下をご参考下さい(含有量が多い順)。

・しらす干し
・いわし
・いくら
・さけ
・スモークサーモン
・さんま
・うなぎの蒲焼き
・ひらめ
・まぐろのトロ
・数の子
・あゆ
・さば
・かれい
・煮干し
etc…

ちなみに・・・
ビタミンDの過剰摂取は腎機能障害を起こす事もあります。
しかし、過剰症はサプリメント等で大量に摂取した場合に起こり、食事だけで起こる事はほとんどありません。

サプリメントで摂取する場合は、摂取量を守って摂りましょう!

明日は臨時休診(セミナーの為)になりますので、お気をつけ下さい。
明後日は通常診療(9時~14時まで休憩なし)ですので、ご安心下さい。

pic20170908164057_1.jpg

投稿者 マイン鍼灸整骨院

アクセス


住所
〒191-0043
東京都日野市平山5丁目38−2-101

受付時間
9:00~12:30
15:00~20:00
※土・日曜は 9:00~14:00
定休日
木曜・祝祭日

詳しくはこちら