マインブログ

2016年7月 4日 月曜日

ツール・ド・フランス2016

こんにちは!スタッフの小澤です。

暑いですね。昨日は35℃を超える猛暑でした。梅雨は何処へ行ったのやら、今日も30℃を超える暑さです。くれぐれも熱中症にはお気を付けください。

さて最近は8月5日から始まるリオ五輪の話題で持ちきりですが、日本ではあまり騒がれていないのでご存じない方が多いと思いますが、
フランスでは自転車のプロロードレース「ツール・ド・フランス」が7月2日からフランスで開催されています。

今年は103回目を迎え、7月24日まで21ステージ、全行程3,535kmのコースで行われます。

世の中には過酷なスポーツは多々ありますが、
その中でもハードさはトップクラスだと思います。

1日約150km~230kmをほぼ毎日走り(23日間の内休息日2日)、
おおよそ日本の最北端から最南端位の距離を21日で走破します。

途中にはアルプス山脈、ピレネー山脈等の山岳があり高低差2000km以上を上り下りもします。

下り坂では時速100kmを超えることもあり、
接触して落車すると、骨折などの大きな怪我をするだけでなく、過去には亡くなった選手もいました。

自転車は集団で走る際、先頭で走る選手は風をもろに受けるので体力の消耗が激しく、後ろについた選手は風を受けない分体力を温存できるため、先頭交代しながら走っていくわけですが、そこにチーム同士の攻防があり、チームのエースを勝たせるために、アシスト選手はひたすら風除けに徹し自ら風を切りながらエースを引っ張って行きます。

個々の選手の技量もさることながら、チームでの協力や作戦、機材や環境要因等々、あらゆることが上手くいって初めて勝利することができるのですが...

ここではとても書ききれないので割愛しますが、とにかく極限の状況下での人間同士の熱い戦いは、人を魅了し、また感動を与えてくれます。

他にはフランスのアルプスの風景や片田舎の街並みがとても美しく素晴らしいです。これを見るだけでも価値があります。

もちろん自転車好きな人は、世界トップクラスのロードバイクを見るだけでもワクワクします。

今年は日本人・新城幸也(あらしろ ゆきや)選手も出場していますので、その活躍も楽しみです。
気になった方は是非チェックしてみて下さい。


写真は以前旅行した時のもので、ツールのゴール地パリのエッフェル塔です。

今週は木曜日も診療日となり、毎日診療しております。ご安心ください。暑さ厳しい中のご来院くれぐれもお気を付けくださいね。

pic20160704142205_1.jpg

投稿者 マイン鍼灸整骨院

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


住所
〒191-0043
東京都日野市平山5丁目38−2-101

受付時間
9:00~12:30
15:00~20:00
※土・日曜は 9:00~14:00
定休日
木曜・祝祭日

詳しくはこちら