マインブログ

2019年6月12日 水曜日

ばね指

こんにちは!
スタッフの山川です!

「ばね指」という言葉は聞いた事ありますか?
ばね指とは、手の指の付け根のところで指を曲げる為の腱が引っ掛かっているために指が曲がったまま伸びなくなってしまったり、力を入れるとカックンという感触とともに急に指が曲がったり伸びたりする状態の事です。

このばね指、結講多いのです。
当院にもばね指で悩まれて来院する方が増えております。

なぜ増えてしまうのでしょう??

簡単に言いますと、指を使い過ぎると指の腱の滑かな動きが阻害されてしまいます。
そうすると、腱がしごかれたように一部が太くなり、指の関節に引っ掛かりが生じるため指の曲げ伸ばしに支障をきたします。

中年以降の女性と1~2歳の幼少期に多いです。
指の中では、親指、中指、薬指、人差し指、小指の順に生じやすいです。
幼少期の場合はほとんどが親指に生じます。

ばね指の場合は、手の過度な使用を控え、安静を保ちます。
幼少期では自然に治る事もあるので、4~5歳までは様子を見るのが一般的です。

よくストレッチしたり動かさ過ぎないようにするのも予防の一つです!

明日は臨時診療(通常通り)致しますので、ご安心下さい。


pic20190612231313_1.jpg

投稿者 マイン鍼灸整骨院

アクセス


住所
〒191-0043
東京都日野市平山5丁目38−2-101

受付時間
9:00~12:30
15:00~20:00
※土・日曜は 9:00~14:00
定休日
木曜・祝祭日

詳しくはこちら