マインブログ

2019年3月19日 火曜日

腸脛靭帯炎

こんにちは!
スタッフの山川です!

ランナー向けの障害シリーズも気付けば第三弾!!!

今回もまた長距離ランナーに多い「腸脛靭帯炎」。
腸脛靭帯炎はお尻の筋肉、太ももの外側の筋肉から連続し、ももの外側にある靭帯を「腸脛靭帯」と呼びます。
この部分に炎症を起こし痛みを生じる事を「腸脛靭帯炎」と呼び、「ランナー膝」とも呼ばれています。

ランニングによる繰り返される膝の曲げ伸ばしで、腸脛靭帯と膝の外側の骨に摩擦が生じると考えれます。

こうした事から、日頃からストレッチ、筋力トレーニングなども必要でありますが、痛みが強い場合は運動を軽減し、患部の治療に専念します。

腸脛靭帯の摩擦を減らす為に、お尻から太ももの外側にかけてのストレッチを十分に行い、お尻、太ももの前と裏の筋力トレーニングを行います。

また、ランニング前のウォーミングアップやランニング後のクールダウンも徹底する事も大切です。


明日は午前診療のみ(9時~12時半まで)
(会議の為)になりますので、お気をつけ下さい。



pic20190319233408_1.jpg

投稿者 マイン鍼灸整骨院

アクセス


住所
〒191-0043
東京都日野市平山5丁目38−2-101

受付時間
9:00~12:30
15:00~20:00
※土・日曜は 9:00~14:00
定休日
木曜・祝祭日

詳しくはこちら