マインブログ

2018年1月16日 火曜日

read book 19


こんちわ、院長の今野です。

年明けから早2週間が経過しましたが、寒いっすねぇ~。
朝は-3℃の時もあり、来月辺りに雪の予感を感じるのは私だけでしょうか。
最近、スキーやスノボで怪我をされた患者さんも多く、話してると何だかやりたくなってきます。(患者さん達、ゴメンナサイ(笑)
20年近くやってないし、いい歳して不安もありますが、子供と行く楽しみもあるし、オモロそうだなぁ~。
で、いつ行くのって感じですが・・・。結局、温泉に行ってそうです(笑)。子供に言われたら、断れないなぁ~。

さてさて、毎日ドタバタではありますが、必ずやってる事は少しでも本を読む事。(読まないと気持ち悪い。)
活字の世界に入ると、一日の終わりに自身を解放される感じがする事と新しい知識を得る事で新たな考えが出来る事。
これも私にとって至福の時間であります。

そんなで前回から2か月以上経過しておりましたが、本からは沢山の学びがあります。
どう読んで、どう自分で咀嚼して、どう自分に合わせて行くか。それをしてくと物事の捉え方には様々な見方があると気づいてきます。
本を持って、ページをめくる作業から考える事で手の末端から頭の中枢に何かが伝わるのは本を読んでる方には分かって頂けると思います。
特に今、ハマってるのが私の大好きな伊集院静さんの「大人の流儀」」シリーズ。もう7編まである人気シリーズです。
患者様でも読んでる方が多く、そういう方とは不思議と話が合うもんです。(後少しで私も5まで読み終えるトコです。)
これはキューバ旅の時に羽田で買ったんですが、最初は週刊誌でコラムやってる方で歯切れのよい書き方で面白いなって感じでしたが、
その奥にある優しさや深い物事の見方や芯のある強さに気になっておりました。タイトルからしてそそられしまい即買いでした(笑)。
人間、深い苦労や悩みを持って乗り越えた人には覚悟、そして強さがあります。そして潔さを感じさせてくれます。
各シリーズにテーマがあって、自分がこれから5、10年経った時にこういう深い考え、そして優しさ、強さを兼ね備えた男でありたいと
感じさせてくれる一冊であります。今日もまた続きが楽しみであります(笑)。
院にも現在、1~4までが置いてありますので、いつでもお気軽にご覧下さいね。





投稿者 マイン鍼灸整骨院

アクセス


住所
〒191-0043
東京都日野市平山5丁目38−2-101

受付時間
9:00~12:30
15:00~20:00
※土・日曜は 9:00~14:00
定休日
木曜・祝祭日

詳しくはこちら